平成29年度 医療法人川崎病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 16 50 79 85 189 385 721 1,422 1,468 488
【定義】
 ・平成29年4月1日~平成30年3月31日までに退院した患者
 ・年齢階級は90歳以上を1つの階級として設定

【解説】
今年度は昨年と比較し、全体的に患者数が増加(前年比8.11%増)しています。幅広い年齢層の患者様にご利用いただいておりますが、当院は小児科等小児系の診療科がありません。そのため、14歳未満の患者様はほとんどが整形外科、形成外科の患者様となっており、他の診療科にはおられないこともあり、当院は全体的に年齢層が高い傾向にあります。また、地域の高齢化が更に進んでいることからも当院の患者様の約7割が70歳以上の患者様となります(60歳以上では全体の8割以上、50歳以上では全体の9割以上)。特に50歳以上及び80歳以上の患者様の割合は増加傾向にあり、50歳以上が7.85%(前年比1.39%増)、80歳以上が29.94%(前年比0.35%増)となっています。90歳以上は減少傾向にあり9.95%(前年比0.78%減)となっています。患者様の高齢化は今後も進んでいくものと想定され、当院もその状況を鑑み、患者様のさまざまな状況に合わせた診療を行って参ります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 127 26.53 20.83 16.54% 85.71
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 101 16.76 12.34 7.92% 80.55
100380xxxxxxxx 体液量減少症 66 19.45 9.16 16.67% 81.26
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 46 10.07 5.50 0.00% 67.39
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし A-DROP スコア2 39 13.82 15.12 2.56% 84.41
【定義】
 ・診断群分類:入院中に主に治療された病名と行われた治療行為(手術、処置等)等の組み合わせにより患者を分類するもの
 ・集計方法
   ① 平成29年4月1日~平成30年3月31日までに退院した患者
   ② 自費診療、労災、自賠責等医療保険以外の保険を使用した患者、入院後24時間以内に死亡した患者は対象外
   ③ 集計期間内に同一患者が複数回入退院した場合は延べ患者として計算
   ④ 転科した場合、もしくは同じ疾患で複数診療科で治療を行った場合は、主たる診療科にて集計
 ・表示について
   10未満の数値の場合は、個人の情報の特定を避けるため、-(ハイフン)にて表示
   血液腫瘍内科、形成外科、肛門外科については、上位5位まで全てが10件未満のため、掲載しておりません。

【解説】
内科は専門内科以外の様々な疾患が対象となります。当院は高齢の患者様が多いこともあり、診断群分類的には誤嚥性肺炎が患者数1位で内科全体の9.23%(前年比2.34%増)を占めています。
しかしながら、肺炎の診断群分類が細分化されたため、表面的にはわかりにくいですが、患者数としては肺炎が全体の14.18%、誤嚥性肺炎(その他の診断群分類を含む)が10.90%となっており、全体的には肺炎が1番多い状況となっています。誤嚥性及びその他肺炎に関する診断群分類の患者数は、内科全体の25.08%(前年比2.18%増)となっており、内科全体の約1/4を占めている状況となっています。
2位には尿路系の感染症で約7.34%(前年比1.59%増)となっています。3位は体液減少症(脱水症)となっており、4.80%、4位はウイルス性腸炎(急性腸炎等)で3.35%、5位は肺炎で2.83%となっています。
当院は平成28年8月に症状軽快後の在宅復帰に向けた準備を行う地域包括ケア病棟を開設しております。そのため、内科全体としては患者様の平均年齢が高いことに加え、地域包括ケア病棟へ転棟し安心して在宅へ退院していただいている患者様も多いため、在院日数が全国平均より長くなっている傾向があります。
糖尿病内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100071xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) (末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2:1あり 副傷病あり 85歳未満 14 29.36 15.63 7.14% 70.14
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) (末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2:1あり 副傷病なし 85歳未満 - - 14.63 - -
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡  手術・処置等2なし 副傷病なし - - 13.57 - -
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) (末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2:1あり 副傷病なし 85歳未満 - - 14.27 - -
100070xx99x111 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) (末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2:1あり 副傷病あり 85歳以上 - - 20.16 - -
【定義】 内科参照

【解説】
糖尿病内分泌内科は、主に糖尿病等を対象とした診療科となります。そのため、糖尿病の血糖コントロールの患者様がほとんどを占めています。糖尿病全体の患者様は約89.65%となっています。その他の疾患についても糖尿病を罹患している患者様のその他の疾患の診断群分類となっています。上位5位のうち3位以外が糖尿病でインスリン治療を行っている患者様となっています。3位は糖尿病罹患患者様の低血糖によるものとなっています。
当院は平成28年8月に症状軽快後の在宅復帰に向けた準備を行う地域包括ケア病棟を開設しております。そのため糖尿病教育入院については、地域包括ケア病棟での入院となっており、DPC対象ではないため、今回の集計には含まれておりません。
※2~5位は患者数が10人未満のため、個人の情報の特定を避けるため-(ハイフン)で表示しています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 37 15.54 12.23 5.41% 74.03
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2:1あり 副傷病なし - - 14.55 - -
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし - - 4.62 - -
110280xx97x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 17.78 - -
040190xx99xxxx 胸水、胸膜の疾患(その他) 手術なし - - 16.46 - -
【定義】 内科参照

【解説】
糖尿病内分泌内科は、主に糖尿病等を対象とした診療科となります。そのため、糖尿病の血糖コントロールの患者様がほとんどを占めています。糖尿病全体の患者様は約89.65%となっています。その他の疾患についても糖尿病を罹患している患者様のその他の疾患の診断群分類となっています。上位5位のうち3位以外が糖尿病でインスリン治療を行っている患者様となっています。3位は糖尿病罹患患者様の低血糖によるものとなっています。
当院は平成28年8月に症状軽快後の在宅復帰に向けた準備を行う地域包括ケア病棟を開設しております。そのため糖尿病教育入院については、地域包括ケア病棟での入院となっており、DPC対象ではないため、今回の集計には含まれておりません。
※2~5位は患者数が10人未満のため、個人の情報の特定を避けるため-(ハイフン)で表示しています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 81 12.00 10.61 2.47% 76.57
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃・十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 32 12.66 8.73 0.00% 78.78
060280xxxxxxxx アルコール性肝障害 18 20.39 15.23 0.00% 58.72
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 6.06 7.39 0.00% 75.06
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 16 10.19 7.87 0.00% 70.13
【定義】 内科参照

【解説】
消化器内科は主に消化器系疾患等を対象とした診療科で、主に内視鏡を使用した検査・治療を行っています。1位は胆管結石、胆管炎で、これは内視鏡による胆管結石の除去や、ステント留置による胆管炎治療を行った患者様となっており、全体の15.46%(前年13.21%)を占めています。2位は胃の悪性腫瘍で内視鏡にて早期胃癌の切除を行ったもので6.11%(前年9.57%)となっています。いずれも内視鏡的手術を行っているものとなっています。3位はアルコール性肝障害の治療で3.44%となります。4位は食道・胃・十二指腸の炎症性疾患で手術を伴わない保存的治療で3.24%となります。5位は大腸憩室という疾患で3.05%となっています。当院は平均年齢が高いこともあり、在院日数が全国平均より長くなっている傾向があります。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 281 5.99 4.62 1.78% 72.93
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 106 18.70 17.71 7.55% 82.32
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1:2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 85 3.85 3.19 0.00% 71.45
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1:1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 84 3.30 3.03 2.38% 70.74
050030xx97030x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし 手術・処置等2:3あり 副傷病なし 39 14.77 16.23 5.13% 68.69
【定義】 内科参照

【解説】
循環器内科は主に心臓疾患を対象とした診療科となります。1位は狭心症、慢性の虚血性心疾患で経皮的冠動脈形成及びステント留置術(PCI)を行った患者様で全体28.44%(前年比6.8%増)を占めています。2位は心不全の治療で10.73%となっています。3位及び4位は狭心症、慢性の虚血性心疾患の心臓カテーテル検査を行ったもので合わせて17.11%%となっています。こちらは経皮的冠動脈形成及びステント留置術(PCI)後のフォローアップ検査も含まれており、術後も定期的に経過観察を行い継続的に疾患の管理を行っています。5位は急性心筋梗塞に対して緊急経皮的冠動脈ステント留置術を行い、術後にシンチグラフィーを行ったもので3.95%となっています。
循環器内科は緊急カテーテル治療等早期の治療を行い、その後の定期的なフォローアップの実施により、平均在院日数は全国平均とほぼ同じ状況となっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 24 10.29 6.64 0.00% 66.38
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:6あり 副傷病なし 23 5.09 4.38 0.00% 63.35
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 22 19.14 5.15 4.55% 73.00
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 18 26.61 15.61 0.00% 70.28
060040xx99x30x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:3あり 副傷病なし 17 2.53 6.67 0.00% 72.47
【定義】 内科参照

【解説】
当院の外科は主に消化器外科、乳腺外科等を対象とした診療科となります。患者数から消化器外科系が圧倒的に多くなっています。1位は胆のう結石症、胆嚢炎に対して腹腔鏡下で胆嚢摘出術を行ったもので、全体の5.42%を占めています。2位は、直腸癌の術後化学療法でベバシズマブという特定の薬剤を使用したもので5.20%となっています。3位は鼠径ヘルニアに対してヘルニア手術を行ったもので4.98%(前年比1.65%増)となっています。4位は大腸癌で結腸切除等の手術を行ったもので4.07%となります。5位は直腸癌の術後化学療法を行ったもので3.85%となっています。悪性腫瘍に対する化学療法は1クールごとに入退院を繰り返すため、1患者様で複数回入院することもあり、手術を行った患者数より多くなります。
また、当院は平均年齢が高いこともあり、在院日数が全国平均より長くなっている傾向があります。特に鼠径ヘルニアは基本的には短期間での入院となりますが、当院は全身麻酔にて手術を施行している場合も多く、全国平均より在院日数が長くなっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 103 50.45 27.09 31.07% 84.59
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 25 4.84 5.21 0.00% 47.36
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 20 36.15 19.94 30.00% 79.20
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 18 37.28 25.09 0.00% 77.50
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 副傷病なし 17 10.41 5.16 5.88% 33.06
【定義】 内科参照

【解説】
整形外科では、股関節骨折の患者様が大部分を占めており全体の24.29%と約1/4を占めています。2位は前腕の骨折で5.90%、3位は胸椎・腰椎の骨折で4.72%、4位は変形性膝関節症の手術を行った患者様で4.25%となっています。5位は肘関節の骨折で4.01%となっており、疾患的には前年とあまり変動はありません。
当院は平成28年8月に症状軽快後の在宅復帰に向けた準備を行う地域包括ケア病棟を開設しており、手術後早期に地域包括ケア病棟へ転棟し、在宅復帰に向けリハビリ等を行っています。そのため、平均在院日数は全国平均より長くなっています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020290xx97xxxx 涙器の疾患 手術あり 46 6.43 4.91 0.00% 73.91
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし 片眼 - - 7.96 - -
020280xx99xxxx 角膜の障害 手術なし - - 15.47 - -
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり - - 2.85 - -
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 片眼 - - 6.63 - -
【定義】 内科参照

【解説】
眼科では、白内障の手術を最も多く行っておりますが、白内障の治療で水晶体再建術のみを行ったものについては診断群分類の対象から外れており、今回の集計には反映されておりません。それを除いた眼科全体の診断群分類としましては、鼻涙管閉鎖症等の手術を行った患者様が大部分となっており全体の65.71%を占めています。2位は糖尿病による網膜症手術を行った患者様で8.57%、3位は角膜の障害によるもの及び白内障で水晶体再建術に加えその他の手術を行ったものでそれぞれ5.71%、5位は硝子体出血等によるものでで4.28%となります。
眼科については、全体的に全国平均より短い日数で退院できておりますが、1位の涙器の疾患については、当院の年齢層が高いことに加え、平均年齢も昨年より高くなっているため、平均在院日数は全国平均より長くなっています。
※2~5位は患者数が10人未満のため、個人の情報の特定を避けるため-(ハイフン)で表示しています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 12 4.92 5.48 0.00% 39.75
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 10 8.00 5.15 0.00% 61.70
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 - - 8.01 - -
030270xxxxxxxx 上気道炎 - - 4.84 - -
030250xx990xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1なし - - 3.43 - -
【定義】 内科参照

【解説】
耳鼻咽喉科では、急性扁桃炎、扁桃周囲膿瘍等の患者様が1番多く、全体の19.05%を占めています。2位はめまい等前庭機能障害の患者様で15.87%、3位は扁桃の慢性疾患等で14.29%となります。4位は上気道炎で11.11%、5位は睡眠時無呼吸症候群のCPAP導入に伴うもので9.52%となります。睡眠時無呼吸症候群の終夜睡眠ポリグラフィーの検査入院につきましては、診断群分類の対象から外れており、今回の集計には含まれておりませんが、それも含めますと睡眠時無呼吸症候群に関する入院は、耳鼻咽喉科全入院の32.14%を占めています。扁桃周囲炎等及び睡眠時無呼吸症候群による入院が耳鼻咽喉科全体の半分以上を占めていることになります。
耳鼻咽喉科は比較的平均年齢が若いこともあり、全体的には在院日数は全国平均より短くなっておりますが、2位のめまいに関しては、年齢層が高いこともあり在院日数は全国平均より長くなっています。
※3~5位は患者数が10人未満のため、個人の情報の特定を避けるため-(ハイフン)で表示しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 38 - - 34 21 38 1 7
大腸癌 28 24 26 26 12 84 1 7
乳癌 - - - - - 21 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - 11 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
【定義】
 ・平成29年4月1日~平成30年3月31日までに退院した患者
 ・胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんの5大癌についての期間内の患者数
 ・初発患者はUICCのTNMから示される病期分類による患者数、再発患者は期間内の患者数
 ・患者数は延患者数とする(化学療法等入退院を繰り返す場合は、それぞれを集計する)
 ・詳細な検査を実施できなかった場合等TNM分類が不正確なものについては「不明」としてカウントする
 ・Stage0は集計対象外

【解説】
患者数としては大腸がんが最も多くなっています。ついで胃がん、乳がんとなっています。肺がんが最も少なくなっています。大腸がんはステージⅢ、Ⅳの進行がんが26.0%(前年比25.93%減)と大幅に減少していますが、再発は42.0%(前年比22.11%増)と大幅に増加しています。これは、昨年以前のステージⅢ、Ⅳの進行がんの患者様が再発したためと考えられます。ただ、早期発見できたステージⅠは14.0%(前年比6.9%増)と大幅に増加しています。胃がんにつきましては、ステージⅠが最も多く、続いてステージⅣとなっています。大腸がん、胃がんともにステージⅠが最も多く、早期発見による内視鏡手術での治療を行うことができていると思われます。既に進行してから受診される方も多く、ステージⅣの患者数も増加傾向にあります。今後も引き続き早期発見、早期治療開始に向けた診療を行って参ります。

※患者数が10人未満のものは、個人の情報の特定を避けるため-(ハイフン)で表示しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 26 7.31 51.73
中等症 123 17.58 87.80
重症 60 22.38 86.05
超重症 17 21.06 84.71
不明 - - -
【定義】
 ・市中肺炎:病院外で日常生活を送っていた人に発症した肺炎(院内での発症は含みません)
 ・重症度:身体所見、年齢による肺炎の重症度分類(A-DROPスコア)により、年齢性別や脱水症状の有無、血液中の酸素濃度、意識障害の有無、収縮期血圧の状態で0~5または不明に分類しています。数字が大きいほど重症となります。
      軽症:0点の場合
      中等症:1~2点の場合
      重症:3点の場合
      超重症:4~5点の場合。ただし、ショックがあれば1項目のみでも超重症とする。
      不明:重症度分類の各因子が1つでも不明な場合
 ・集計対象
   ① 平成29年4月1日~平成30年3月31日までに退院した患者
   ② 自費診療、労災、自賠責等医療保険以外の保険を使用した患者、入院後24時間以内に死亡した患者は対象外
   ③ 集計期間内に同一患者が複数回入退院した場合は延べ患者として計算

【解説】
市中肺炎の患者様は大幅に増加しており、昨年と比較し1.5倍以上の人数となっています。軽症の患者様は比較的若年層となっています。年齢が高くなるほど重症度があがる傾向にあり、当院は昨年より肺炎患者様の平均年齢も7.12歳高くなっていることから、重症及び超重症の患者様が34.50%(前年比18.71%増)と大幅に増加しています。高齢になるに従い重症化し入院期間も長くなっています。
また、特に中等症の患者様は平均年齢が7.85歳高くなっており、それに伴い重症ではありませんが入院期間は長くなっています。

※患者数が10人未満のものは、個人の情報の特定を避けるため-(ハイフン)で表示しています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 17 36.71 75.82 36.36
その他 - - - -
【定義】
 ・脳梗塞の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計
 ・集計対象
   ① 平成29年4月1日~平成30年3月31日までに退院した患者
   ② 自費診療、労災、自賠責等医療保険以外の保険を使用した患者、入院後24時間以内に死亡した患者は対象外
   ③ 集計期間内に同一患者が複数回入退院した場合は延べ患者として計算

【解説】
当院は脳神経外科がないため、外科的治療が必要な患者様は入院後早期に他院へ転院しておられ、内科的治療が適応の方が長期の治療を行っています。また、地域の専門病院と連携を強化することで、入院前に他院へ紹介等を行っており、発症から3日以内の患者様は前年比16.06%減となっています。そのため、他院にて集中的な治療を行ったあと、当院にて継続して治療する患者様は増加傾向にあります。高齢の方が多いこともあり在院日数が長くなっており、リハビリ病院への転院も多くなっています。

※患者数が10人未満のものは、個人の情報の特定を避けるため-(ハイフン)で表示しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 22 41.45 31.50 4.55% 77.27
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 20 8.25 12.40 15.00% 77.90
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 19 19.79 36.95 52.63% 83.37
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 13 3.00 13.46 15.38% 81.62
K654 内視鏡的消化管止血術 11 7.18 22.91 9.09% 74.36
【定義】
 ・入院中に複数の手術を実施した場合は、主たる手術のみを集計する
 ・輸血関連、軽微な手術(創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術等)は除外
 ・術前日数は入院日から手術日まで(手術当日は含まない)、術後日数は手術日から退院日まで(手術当日は含まない)とする
 ・集計対象
   ① 平成29年4月1日~平成30年3月31日までに退院した患者
   ② 自費診療、労災、自賠責等医療保険以外の保険を使用した患者、入院後24時間以内に死亡した患者は対象外
   ③ 集計期間内に同一患者が複数回入退院した場合は延べ患者として計算
・表示について
   10未満の数値の場合は、個人の情報の特定を避けるため、-(ハイフン)にて表示
   糖尿病内分泌内科、血液腫瘍内科、腎臓内科、肛門外科については、上位5位まで全てが10件未満のため、掲載しておりません。

【解説】
内科は胆管炎等のための内視鏡的胆道ステント留置術が1位となっており全体の14.38%、2位は内視鏡検査時にポリープを発見し切除しているもので13.07%、3位は嚥下障害のある患者等に対する胃瘻造設術で12.42%、4位が胆管炎等のための内視鏡的乳頭切開術8.50%、5位が消化管出血の止血術で7.19%とすべて内視鏡によるものとなっています。胃瘻造設については、高齢化の影響もあり、昨年より3.27%増となっています。
全体的に高齢の患者様が多いため、術後の在院日数が長い傾向にありますが、胃瘻造設については、術前の嚥下機能の状態の把握、術後は胃瘻からの注入等の状況や栄養管理等を行っており、術前術後とも在院日数が長くなっています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 44 3.23 13.09 2.27% 77.89
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 42 1.43 10.17 4.76% 75.95
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 36 1.50 9.72 0.00% 78.44
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 28 2.61 4.18 0.00% 74.57
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 27 1.33 4.70 3.70% 67.22
【定義】内科参照

【解説】
消化器内科は主に消化器系疾患の患者様が対象でほとんどが内視鏡的手術となります。1位は胆管炎等のための内視鏡的胆道ステント留置術で15.22%、2位は同様に胆管炎等のための内視鏡的乳頭切開術で14.53%、3位は胃がんに対する内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術で12.46%、4位は内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術で9.69%、5位が大腸がんの内視鏡による悪性腫瘍粘膜下層剥離術となります。全体的には胆管炎の治療に関わるものが最も多く全体の34.94%を占めていますが、内視鏡的胆道ステント留置術、内視鏡的胆道結石除去術、内視鏡的乳頭切開術等は同時に行うことも多く、今回の集計では主たるもののみの計上となっているため、分散されています。
また、大腸がんの内視鏡的手術が昨年より増加していることから、早期発見ができていると思われます。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 277 2.83 4.52 2.17% 73.03
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 46 0.00 18.26 4.35% 67.85
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 40 2.05 8.75 0.00% 75.50
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 31 0.23 9.52 9.68% 72.03
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 30 3.70 15.60 0.00% 82.23
【定義】内科参照

【解説】
循環器内科は主に心臓疾患を対象とした診療科で1位は狭心症や心筋梗塞の患者様に対する経皮的冠動脈ステント留置術の56.76%、2位も急性心筋梗塞に対する経皮的冠動脈ステント留置術で9.42%、3位は下肢慢性閉塞性動脈硬化症に対する四肢の血管拡張術・血栓除去術で8.20%、4位が1位と2位と同様の狭心症や心筋梗塞の患者様に対する経皮的冠動脈ステント留置術で6.35%、5位は洞不全症候群に対するペースメーカー移植術で6.15%となっています。全体的に心筋梗塞や狭心症に対する経皮的冠動脈ステント留置術が最も多く、全体の72.54%を占めています。経皮的冠動脈ステント留置術のなかでも急性心筋梗塞及び不安定狭心症に対するものは、1位のその他のものより重症な患者様が多いため、術後の日数も長くなっています。
また、全体的に昨年より術後の在院日数が短くなっており、早期治療及び術後管理の徹底ができていると思われます。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 44 4.61 7.14 2.27% 69.41
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 41 4.95 7.44 4.88% 67.12
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 24 8.21 43.71 4.17% 74.88
K6552 胃切除術(悪性腫瘍手術) 11 4.64 22.55 0.00% 75.27
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 11 1.45 1.27 0.00% 79.09
【定義】内科参照

【解説】
外科は主に消化器系外科が主体となっています。そのため1位は鼠径ヘルニア手術で17.05%、2位は腹腔鏡を使用した胆嚢摘出術で15.89%、3位は大腸がんに対する結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術)で9.30%、4位は胃がんに対する胃切除術及び内視鏡検査時にポリープを発見し切除しているものでともに4.26%となっています。1位の鼠径ヘルニアは全身麻酔でなければ、入院期間も約5日間となり術後の期間も短くなっています。また2~4位については昨年より術前日数が短くなっており、術前の診療計画がしっかりとできていると思われます。3位の大腸がんに対する手術は昨年より平均年齢が高くなっていることもあり、しっかりとした術後管理が必要となるため術後日数が長くなっています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(上腕)(大腿)(肩甲骨) 94 4.15 36.55 19.15% 79.73
K0462 骨折観血的手術(下腿)(前腕) 45 1.78 14.62 2.22% 56.00
K0811 人工骨頭挿入術(股) 40 4.90 48.33 37.50% 85.88
K0821 人工関節置換術(膝) 30 1.23 40.77 0.00% 77.30
K0463 骨折観血的手術(鎖骨)(膝蓋骨)(足) 17 2.41 19.76 5.88% 53.47
【定義】内科参照

【解説】
整形外科では主に骨折に対する手術が多くなっています。上位5位までの内訳は、
1位 骨折観血的手術(上腕)(大腿)(肩甲骨)で18.50%(内訳:大腿に対するものが13.39%、上腕に対するものが4.92%、肩甲骨に対するものが0.20%)
2位 骨折観血的手術(下腿)(前腕)の8.86%(内訳:前腕に対するものが6.50%、下腿に対するものが2.36%)
3位 大腿骨骨折等に対する人工骨頭挿入術(股)で7.87%
4位 変形性膝関節症に対する人工関節置換術(膝)で5.91%
5位 骨折観血的手術(鎖骨)(膝蓋骨)(足)で3.35%(内訳:足に対するものが1.38%、鎖骨に対するものが0.98%、膝蓋骨に対するものが0.98%)
当院は平成28年8月に症状軽快後の在宅復帰に向けた準備を行う地域包括ケア病棟を開設しております。手術後早期に地域包括ケア病棟へ転棟し、在宅復帰に向けリハビリ等を行っています。本格的な稼働により、昨年より更に術後日数が長くなっていますが、ADL等がよい状態で退院できています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 363 0.36 2.42 0.28% 75.51
K204 涙嚢鼻腔吻合術 46 0.63 4.80 0.00% 73.91
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) - - - - -
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) - - - - -
K2762 網膜光凝固術(その他特殊) - - - - -
【定義】内科参照

【解説】
眼科では診断群分類別患者数には対象外のため掲載されていませんが、主に白内障に対する手術の水晶体再建術がほとんどを占めており、85.01%となっています。2位は鼻涙管閉鎖症の涙嚢鼻腔吻合術で10.77%、3位は網膜剥離等の網膜に関する疾患に対する硝子体茎顕微鏡下離断術で1.64%、4位も同様に網膜剥離等の網膜に関する疾患に対する硝子体茎顕微鏡下離断術で0.94%、5位が糖尿病性網膜症の手術で0.70%となっています。白内障についてはクリニカルパスを使用しており、術前術後合わせて3日間で退院できています。
※3~5位は患者数が10人未満のため、個人の情報の特定を避けるため-(ハイフン)で表示しています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 10 1.40 5.60 0.00% 23.80
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 - - - - -
K340-4 内視鏡下鼻・副鼻腔手術2型(副鼻腔単洞手術) - - - - -
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) - - - - -
K347 鼻中隔矯正術 - - - - -
【定義】内科参照

【解説】
耳鼻咽喉科では扁桃及び副鼻腔に対する手術が多くなっています。1位は慢性扁桃炎に対する口蓋扁桃手術(摘出)で全体の52.63%を占めています。2位も同じく扁桃に対する扁桃周囲膿瘍切開術で15.79%、3位及び4位は副鼻腔に対する内視鏡下鼻・副鼻腔手術でそれぞれ5.20%、5位は鼻中隔弯曲症の矯正術で5.20%となっています。1位と2位の扁桃に対する手術は全体の68.42%と半数以上を占めています。
※2~5位は患者数が10人未満のため、個人の情報の特定を避けるため-(ハイフン)で表示しています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0022 デブリードマン(100cm2以上3000cm2未満) 12 9.58 38.67 8.33% 67.25
K617-2 大伏在静脈抜去術 - - - - -
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) - - - - -
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹)(前腕) - - - - -
K427 頬骨骨折観血的整復術 - - - - -
【定義】内科参照

【解説】
形成外科では皮膚潰瘍、皮膚・皮下の腫瘍、下肢静脈瘤等の治療を行っている診療科となっています。1位は皮膚潰瘍に対するデブリードマンと呼ばれるもので、全体の17.91%を占めています。2位は下肢静脈瘤に対す手術で8.96%、3位は皮膚、皮下腫瘍に対する摘出術で5.97%、4位は四肢・躯幹の軟部腫瘍摘出術で5.97%(内訳:躯幹4.48%、前腕1.49%)、5位が頬骨骨折観血的整復術で5.97%となっています。全体的には皮膚潰瘍に対する手術が最も多く全体の29.85%を占めています。
また皮膚潰瘍は、基礎疾患に糖尿病があり血管の硬化も進んでいるため、全身的な加療が必要なことも多く術後日数が長くなっています。
※2~5位は患者数が10人未満のため、個人の情報の特定を避けるため-(ハイフン)で表示しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 10 0.20%
異なる 24 0.49%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
【定義】
 ・DIC(播種性血管内凝固症候群)、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の患者を集計
 ・播種性血管内凝固症候群(DIC):さまざまな重症の基礎疾患により全身の血管内で血栓ができる病態(感染症、悪性腫瘍等に合併することが多い)
 ・敗血症:血液が細菌に感染することにより全身に炎症を起こす病気(悪性腫瘍等の治療経過中に免疫不全状態から合併することが多い)
 ・入院時も同一の病名であったか、異なる病名であったかどうかの集計
 ・集計対象
   ① 平成29年4月1日~平成30年3月31日までに退院した患者
   ② 自費診療、労災、自賠責等医療保険以外の保険を使用した患者、入院後24時間以内に死亡した患者は対象外
   ③ 集計期間内に同一患者が複数回入退院した場合は延べ患者として計算
 ・表示について
   10未満の数値の場合は、個人の情報の特定を避けるため、-(ハイフン)にて表示

【解説】
全体的には、他院からの転院や様々な要因等も含めゼロにはできず、全退院患者のうち1.01%を占めています。ただ、昨年と比較し0.22%の減少を図ることができています。今後も引き続き、削減できるよう取り組んで参ります。
・播種性血管内凝固症候群(DIC)・・・当院では何らかの原疾患でその経過中にDIC(播種性血管内凝固症候群)を発症した患者様となっていますが、昨年と比較し0.22%減少しています。
・敗血症・・・何らかの原疾患でその経過中に敗血症を発症した患者様が約2/3となります。他院よりその治療目的に転院してこられた患者様、もしくは原疾患が重症化し敗血症を発症してから入院される患者様も複数おられる状況となっています。
・その他の真菌症・・・原疾患の治療中に発症した患者様が数名おられます。
・手術・術後の合併症・・・患者様の要因や他院からの転院等も含めゼロにはできず、同一及び異なる契機併せて13例の患者様に認められています。内訳としては、手術後の出血、創部感染、人工関節脱臼、透析シャント狭窄等が主な合併症となっています。
更新履歴
平成30年9月28日
平成29年度 医療法人川崎病院 病院指標を公開しました